19年ぶりに発見された拉致ではなかった男性 泣いて謝罪

不足している19年前になり、拉致の可能性は北朝鮮による否定できないが、それは国で発見されたことを受信されてきた福井県の男性は、男性の親族は、複雑な心境について話しました。

「それは和也が一目で発見されたです。」

福井県、旧三方町和也宮内は、1997年4月に(当時32)のスタッフだった、Inokoshiと日本海でのタンカー事故の影響を見に行くには、行方不明になっていました。

北朝鮮による拉致の可能性が疑われていたが、家族が国で発見された15日によって人として同定されました。

拉致の可能性は、それをサポートしていないことです。

義理の兄弟香苗氏宮内(「(私は校長と会ったとき)または和也それらもされるようになりますない方法について泣いた泣いて。親戚、子供が泣いて、私はおそらく不安を持っていると思う恩赦」沢)

それはまだどちらか持っているかわからないという点で宮内の19年は、親戚はあなたが家族に十分な努力の状況の再会になりたいということです。

オシャレな男性は使っている。頭皮の必須アイテム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です